腰痛のツボ - 腰痛の治療方法を勉強しよう!腰痛治療ナビ

腰痛のツボってどこ?

腰痛のツボは覚えきれないほどたくさんあります。


体の部位で言いますと、「背中」「手の甲」「脚」
この3箇所に集中しています。


腰痛の原因は血行が悪くなって筋肉が硬くなる為に起きるので
ツボを刺激してあげることで、血行がよくなるので
結果的に腰痛も和らいできます。


ツボのいいところは刺激後なにかしらすぐに効果があらわれるところです。


ですが、その反面やりすぎは禁物で注意すべき点もいくつかあります!


まず一つ目


ツボを刺激後は体を動かさないほうがいいので
タイミングとしては寝る前が一番効果的です。


二つ目


ツボを押すと気持ちくて長時間押しがちですが、
ずっと押すことは禁物です。
指圧時間は3秒から6秒がベストです。



また、下記のような時は指圧をしてはいけません!


・指圧箇所に傷や炎症がある場合
・急性の腰痛
・妊婦さんの指圧
・風邪などで具合が悪いとき
・飲酒後
・入浴中や入浴直後



これらの注意点は必ず守ってください。



【背中にあるツボ】


・大腸愈(だいちょうゆ)

腰に手を当てたときの高さにあります。背骨指2本分の外側のところです。



・腎愈(じんゆ)

大腸愈から指3本分上の位置です。



・志室(ししつ)

腎愈から指2本分外側の位置です。肩甲骨の一番内側から下に下がった場所です。



・殷門(いんもん)

2箇所あります。1つ目はお尻の下骨部分です。2つ目は膝裏の中央のところです。



・帯脈(たいみゃく)

わき腹のウエストライン上です。




言葉だけでは分かりにくいですが、大腸愈から追っていくと分かりやすいので
上から順番に行っていくと良いでしょう!


しかし、背中のツボは誰かに押してもらった方が確実で、一人だとうまくいきません。


もし一人で行う場合は仰向けになり、ゴルフボールなどの硬いものを
背中と床の間に挟んで行うのが適切です。ですがやっぱりうまくできないでしょう^^;


だいたいツボを押すのは一人で行うことが多いですから、
見えないし、手探りで押さなければならないので
背中のツボは気軽にはできません。


ツボは一番多いんですけどね・・・




一方、




【手の甲】


・腰腿点(ようたいてん)

手の甲のそれぞれの指の骨をなぞっていくと骨が交差するところがあります。
そこに指を食い込ませる感じでゆっくり押します。



手の甲は一人でできるし場所もわかりやすいので、
腰痛のツボとしては一番オススメできる場所です。




【脚】



・委中(いちゅう)

膝裏の真ん中です。



・照海(しょうかい)

足内側のくるぶしの下にあります。



・曲泉(きょくせん)

膝内側のくぼみのところにあります。




脚も比較的一人でできるので覚えておけばふとした時にできますね。


以上紹介した部分は全て腰痛に効果がありますので試してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。