腰痛に効く治療薬と成分 - 腰痛の治療方法を勉強しよう!腰痛治療ナビ

腰痛に効く治療薬と成分

腰痛に効く薬はたくさんありますが、
根本的に治す治療薬は正直言うとありません。


ですが、痛みが酷いときや炎症が進んでいるとき
には、とにかく痛みを抑えたいので鎮痛剤を
使用しますよね。


薬で痛みを和らげることができるのは痛みを引き起こす
プロスタグラジンという物質を抑制させるからです。


薬は服用するのもただ飲むのではなく
プロスタグラジンを抑制する成分が
入っているのを選ぶのが賢い選択でしょう。


激痛なら病院に行かなければなりませんが
腰に違和感があるとか、少し痛む程度なら
市販の薬を購入するに限ります。


これから挙げるのは主な痛みを抑えるといわれている成分と
その成分が含まれている鎮痛剤です。


・インドメタシン(効果が高い、即効性がある)
  外用が主でシップやクリーム、ローションそして座薬などがあります。
  CMでも良く聞く成分ですね。注意する点は効果が高い分、
  副作用(消化性潰瘍、胃腸出血、賢不全、白血球減少症)に注意が必要です。
  鎮痛剤の説明書を読んで使用すればなんら問題はありません。

有名な商品は成分が多く含まれている順にバンテリン、サロンパス、
アクテージ、ヘクトメタシン、イブです。


・イブプロフェン(即効性がある)
  よく風邪を治す成分で聞きますが、実をいうとイブプロフェンは
  痛みと腫れをとる  強い作用がありますので腰痛に効果的です!
  風邪薬に多く見られるのは副作用(頭痛、めまい、口の渇き、動悸)が弱く
  即効性があるからなのです。一粒中に多く成分を配合できるからですね。


有名な商品はエスタックイブ、ストナー、パブロン、ベンザブロックです。


・フェノプロフェンカルシウム(即効性がある)
  副作用がかなり少なく即効性があります。
  そのことから腰痛が慢性化している長期間にわたって使用したい方に合っています。

主な商品はフェノプロンです。 


いずれも薬は体に毒なので、付属されている説明書をよく読み使用することをお勧めします。

もし腰痛で病院に行きたいけど仕事が忙しくて時間が無い、
行っても治るかわから無い、どうすればいいか分からない
とお悩みの方であればプロスポーツ選手も実践している効果的な
腰痛ストレッチを収録したDVDがあります。

上記のような方は参考にしてみてくださいね。

→詳細はこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。